お仕事コラム

【営業職】20代年収300万。年収を上げるなら…

今回は、20代で営業職として勤めはじめ年収300万円から上がらずに悩んでいる人向けに年収を上げるためのアクションについてお話ししていきます。

年収アップを狙っている人はぜひ参考にしてください。

20代営業職年収300万に良くあること

入社時にまずは300万からスタートと言われた人も多いと思います。しかしその後も昇給せずに現状維持のままの人が多くいます。

もちろん個人の成果が原因の一つではあるかもしれませんが、それ以上に今の環境に注目する必要があります

極端にいうと、ぱかぱかの携帯電話のみを売る会社に勤めている場合、日本でぱかぱかの携帯電話の需要が高くないため、会社の業績も良いということにはならないと思います。その結果、会社が出せる給料が多くないため、年収が高くなることが望めないと思います。(例なので、需要がとてもあったら申し訳ありません。)

年収アップを狙うなら身を置く環境について改め考える必要があると思います。

20代の平均年収

まずはじめに平均年収を見ていきましょう。

年代平均年収
20代348万円
30代444万円
40代510万円
doda 平均年収ランキング

dodaの平均年収ランキングによると20代の平均年収は348万円でした。もちろん営業職のみの平均年収ではなく全ての業種の平均年収ではないためあくまで目安です。

20代営業職の平均年収

次に営業職のみの年収を見ていきましょう。

こちらもdoda平均年収ランキングによると20代の営業系の平均年収は378万円と全ての業種の平均年収と比較するとやや高いことがわかります。

この金額を見て平均は貰えそうだと思う人もいれば到底いかないと思う人もいるはずです。今の年収では満足いかず、将来的にもこの会社では昇給が望めないと感じる人が今すぐに行動をする必要があります。

20代営業職で年収を上げるなら

平均年収と比較して自分の年収は満足するものだったでしょうか?平均を貰っていてもやりたいことや将来を考えると足りない人もいるはずです。そこで考える必要がある2つのことを紹介します。

稼ぎやすい営業職に転職する

同じ営業職でもたくさんの種類があります。金融やソフトウェア・不動産など扱っているサービスによって業界の売り上げも異なり、会社の業績も変わっていきます。それにより同じ営業職でも給料が高い会社と低い会社に差があります。

年収を上げる一つ目の方法は、稼ぎやすい環境に転職することです。


【ウズキャリ第二新卒】

ウズキャリ第二新卒では、はじめての転職を丁寧にサポートしてくれます。

まずはどのような企業の求人があるのか聞いてみてはいかがでしょうか?

稼げる職種に挑戦して年収を上げる

年収アップを狙う二つ目の方法は、稼げる職種に挑戦することです。

営業職は、未経験でも挑戦しやすい職種です。そのため人材も多く希少な市場価値の高い人間になるには相当な経験や成果などが求められます。

営業職に比べて人材が少なく、希少な存在になりやすい業界は多くあります。

その一つがIT業界でありエンジニアやプログラマーという職種です。もちろんスキルや知識を習得するためには相当な努力が必要ですが、営業職と比較するとそもそもの母数が少なく、会社によっては人材不足な会社も存在します。

未経験で挑戦し、年収アップを狙いたいという人は、IT求人ナビ未経験がおすすめです。


未経験者のIT企業への就業なら、IT求人ナビ

IT求人ナビは、未経験でも安心な研修が用意されている企業を紹介してくれるため、実務を通してスキルをつけながらお給料が貰える特徴があります。

年収300万から年収を上げるなら転職も視野に

今の会社で上司を見てもあまり昇給が望めないなと感じ、年収を上げたいと思う人は多くいます。しかし本気で年収アップを望んで転職をしようと行動する人はあまり多くはいません。

実際に努力して行動した人だけが望んだ年収やキャリアを描けるはずです。

何も行動しないと現状維持のまま大事な20代が過ぎていってしまいます。そうならなために今すぐ行動をすることが必要です。

第二新卒おすすめエージェント

-お仕事コラム
-,