お仕事コラム

【新卒営業職】営業辛い。試してみてほしい3つのこと。

新卒で営業職に就く人は多いと思います。私もはじめ営業からスタートしました。
社会に出て、いきなり営業をするなんて難しく、ストレスを抱えている人も多いと思います。

今回は実体験から営業が苦手な人こそ試してみてほしい3つのことを紹介します!

【結論】自分にあった営業のやり方を見つけよう!

新卒で営業と聞くと、体育会系のグイグイいける人が活躍すると思いがちです。

あなたがショッピングセンターで服を見たい時、入店した瞬間に店員さんが駆け寄って来て、身が引けて気持ちよく服を見れなかった経験はありませんか?

お客様の中にはガツガツ来てほしいという方もいます。しかしそれ以上にゆっくり購入を考えたい人が多いとお思います。もしあなたが無理をしてグイグイ営業を行なっているなら今すぐやり方を変えましょう。

今辛い人は、紹介する3つを意識してみてください。

①一言一句完璧に覚える

話すことができていないという方は、まずは先輩の営業を文字に起こして一言一句覚えて話せるようにしましょう。特に聞いていて気持ち良い営業をする先輩のやり方をコピーしましょう。

私も一言一句文字に起こしてスクリプトを作りました。もちろんお客様毎で聞かれる質問などは異なりますが、スクリプトを作ることで自分の型が作られます。

相槌なども文字に起こしてどのタイミングでどのような言葉を使っているか覚えましょう。
まだやっていない方はまずはこれだけでも試してみてください。

②誰よりも商品の知識をつける

営業として当たり前のことではありますが、商品について詳しくなければなりません。わからないことを聞かれて答えられず怒られたらどうしようなど不安に感じている方は、まずは商品知識を完璧にしましょう。

たとえ説明が下手だったとしても商品の知識があるだけで堂々と話すことができます。上司と比較すると新卒は商品知識がないため営業ができないのは当たり前です。

商品知識をつけることで自信に繋がります。わからないことはないようにしましょう。

③会社のせいにする

真面目な新卒営業職の方でよくある考え方は、説明が下手で消極的な自分のせいで契約が取れないんだと思ってしまうことです。自分の責任を感じることで断られる度に営業をすることが苦痛になっていきます。

自分で作った商品でもなければ、入社してまだ日も浅い新卒が原因のわけがありません。売れないのは会社のせい、商品のせいだと思うようにしましょう。

自分を追い込む必要はありません。

無理に続ける必要はない

以上の3つをやることも苦痛に思う人もいらっしゃるかと思います。

そのような人は、無理に営業を続ける必要は全くありません。

入社してから今までで十分学んだことはあったと思います。
自分に適した職種や仕事に早いうちから出会い、ストレスを抱えすぎず自分らしく働けることの方が何倍も重要です!

無理せず、焦らず進んでいきましょう。

第二新卒おすすめエージェント

-お仕事コラム
-, ,