【休職を考えている人へ】初めての休職の流れ

この記事を見てくださってる方は、今辛い状況かと思います。その中でも毎日頑張っていて本当に尊敬します。
絶対に無理はなさらず自分を大切にしてくださいね。

私は2ヶ月ほど休職をしました。少しでも私の経験がお役に立てれば幸いです。

【結論】人事労務担当としっかり話そう!

ネットにたくさん記事が書かれていて迷うこともあると思いますが、一番詳しい近くの人に直接聞くことが大切です。また会社の就業規則により異なる部分がありますので、必ず人事労務の方にわからないことは相談しましょう。

この記事では、私自身が休職するまでの流れをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

休職の流れ

① 就業規則を確認する

まずは就業規則を確認してください。実は、休職はすべての企業で規定されているものではないのです。
そもそも就業規則に休職に関しての規定がなければ休職をすることはできません

就業規則がわからない場合は上司や人事総務担当者に伺う必要があります。

② メンタルクリニックなどに行く

流れとして2つ目に記載していますが、不調を感じたらすぐに受診することをオススメします。

メンタル不調は何も恥ずかしいことではなく、脳が風邪を引いている状況です。お医者さんに診てもらい場合によってはお薬をもらう必要があります。

また休職をする際は必ず受診をし、診断書を貰う必要があります。診断書は必ず提出を求められます。

③ 上司や人事労務担当者さんに相談する

改めて休職に入るために休職期間中の連絡手段や休職期間などを相談します。また休職届を提出する必要がある場合もあります。休職期間中も給与が支払われる場合もありますので疑問点はしっかり解消しましょう。

基本的に人事労務の方が休職手続きを行ってくれます。

休職のメリット

辛い環境と距離を置ける

適応障害と診断された方は特に辛い環境と離れることで体調が回復することがあります。辛い環境と距離を置いてまずは体調を整えることに専念しましょう。

完全に収入がなくなるわけではない

休職期間中も給与が支払われる会社もあります。支払われない場合も休職期間中の生活を保障する制度として傷病手当を受け取ることができると思います。こちらについては別の記事でご説明いたします。

[blogcard url="https://huan-marugoto.com/syoubyouteate-huan/"]

ゆっくりと自分に向き合える

しっかりと休息することで冷静な判断をすることができるようになります。復職するのか、転職を目指すのかなどを時間をとって後悔しない選択をすることができます。

最も大事なことは無理をしないこと。

休職を考えている人は、休職を今すぐして欲しいと思っています。無理を続けると自分が今大丈夫かどうかの判断すらできずに心を無くしてしまう恐れがあります。

冷静な判断ができるうちにお休みをすることはとても大切です。休職に関して良くないイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、しっかりとした制度であり何も恥ずかしいことではありません。

自分を大切にする選択をしてあげてください。

質問等ございましたらTwitterなどでDMをください。お役に立てれば幸いです。

10個の質問で簡単求人紹介