休職

【休職について】実際に休職してみてどうだった?

私は新卒入社してすぐの8、9月に1ヶ月半ほど休職をいたしました。
実際に休職をした経験が何かの参考になれば幸いです。

休職の流れについては、別の記事で紹介していますのでご覧下さい。

【休職を考えている人へ】初めての休職の流れ

【結論】意味のある期間となった。

実際に休職をしてよかったと思っています。何よりも深刻になる前に休めたことでまた復帰をしようと思えたことが良かったです。

また仕事をしていた時は、考える時間もなかった今後のキャリアなどもゆっくり時間をとって考えられたことで復職してからのモチベーションや目的を持って働けることができています。

休職をしてよかったこと

①考える時間ができた

上でも記載したように一番良かったことは、今後のキャリアなどもゆっくり時間をとって考えられたことです。私は新卒のタイミングと少し早かったですが、この期間のおかげで現在は充実して過ごせるようになりました。

②大切なことに気づけた

休職前は、仕事と自宅の行き来で1日が終わってしまっていました。しかし休職期間は平日休みの友達に会えたり、実家に帰り親と過ごす時間が増えたことで、一番自分に大切なことは仕事ではなく自分の周りの人と過ごす時間だと実感できました。

そのおかげで仕事に対する取り組み方も変わりました。

③健康になった

休職前は次の日が憂鬱で夜中までYouTubeを見ていて睡眠時間が十分ではありませんでした。またストレスで過食なども増えていました。

休職期間は睡眠時間もしっかり取れ、ストレスも減るので過食もなくなり健康になりました。原体験として睡眠と食生活の重要性を感じれたことで復職後も習慣づけできるようになりました。

休職をして困ったこと

①お金に関して

私の会社では休職期間中、給与が出ません。傷病手当金を申請していたので収入が0になることはありませんでしたが、給与の6割ほどということもあり十分ではなかったのは事実です。また薬など費用がかかってしまっていた為お金の不安を感じることはありました。

傷病手当金については下記の記事でご紹介しています。

②復職ができるか不安になった

休職期間はストレスなく過ごせていたのですが、また仕事をしてメンタルを壊してしまわないかなど復職できるか不安になることがありました。

会社と相談して復職の際はゆっくりと慣らしながら戻ることをオススメします。

③ひま…。

体調が良くなってくると、やることがなく暇を感じることが増えました。しかしながら何か新しいコミュニティに参加するという気力はありませんでした。

私は、本を読んだり、資格の勉強をしたりすることで過ごしていました。オススメのサイトをご紹介します。

ビジネス本に特化したESサイトです。

ビジネス書なら翔泳社の通販『SEshop』

面白い資格がたくさんあるので見てみて下さい。

オンライン通信資格ポータル【ラーキャリ】

休職を悩んでいる人へのアドバイス

是非休職をすることをオススメします。休職を悩んでいるということは今辛いということだと思います。辛さを耐えるときも重要かと思いますが、自分を大切にしてあげて欲しいです。

また休職をすると何かしなきゃと焦ることもあるかと思いますが、まずは体調が良くなることを最優先にして下さい。焦ることは何もありません。

第二新卒おすすめエージェント

-休職
-, ,