休職

【適応障害】休職は迷惑?休職の不安について

体調が悪くても迷惑をかけたくないから仕事は休めない…。と思う人も多くいます。
きっと適応障害と診断を受け、休職に入るときも同じことを思うはずです。

休職を悩むほど落ち込んでいる状況で、
我慢し続けることは誰にとって良いことなのでしょうか?

今回は、休職の大切な考え方・過ごし方についてお話ししていきます

この記事でわかること

  • 休職は迷惑なのか?実際の声
  • どのような不安を抱えているか
  • 適応障害で休職する際の過ごし方

休職は迷惑?実際の声を聞いてきた

早速、実際の声を紹介していきます。
今回はわたしの会社・友人の会社・産業医さんなど計23名に聞きました。

実際の声

  • 自分の会社で辛いまま働き続けてもらう方が辛い
  • 問題ないから元気になって欲しい
  • 辛いまま働かれる方が関わりづらい
  • 無理させすぎたのかなと反省してる

以上のような声が多かったです。

基本的に休職の制度がある以上、休職に肯定的でした。

ネガティブな意見は、辛いまま働いている方が心配が増えるので迷惑という意見がありました。

中にはこころ無い人もいるのが事実です。

しかしほとんどの人が迷惑<心配の気持ちを持ってくれています。

安心して休職に入り、自分の健康を最優先にしてください。

適応障害で休職する人が不安になること

休職に関して抱えている不安は、他の人も抱えています。

休職する人が抱えている不安

休職に対してどんな不安を持っていますか?

休職の不安

  • 周りに迷惑と思われる
  • 収入がなくなる
  • 戻れる気がしない
  • 自分だけ休んでいいのか
  • 親やパートナーに申し訳ない

このような不安を抱えている人も多いでしょう。心が落ち込んでいる状態なのですから、不安を抱えて当然です。

不安を抱えている人は沢山います。乗り越えて今は元気に生きている人も沢山います。安心してください。

休職の不安を減らすには

それぞれの対処法について紹介します。

収入面

適応障害の場合は、保険から傷病手当金を貰うことができます。

だいたい給料の6割くらいを貰えるので完全に収入がなくなるわけではありません。安心してください。

休職中に無理にお金を稼ぐ為に動いて悪化させるのは元も子もないです。

また、わたしは趣味で動画編集をしていました。

趣味の延長で動画編集してお小遣い程度の収入を得ていたので収入面での不安を減らすことができました。

趣味や簡単にできることで収入を得ることができるかもしれないので、健康を最優先して検討するのもありです。

迷惑や申し訳なさ

これに関しては、自分の考えを変えるしかありません。

事実として、あなたを想ってくれている人はあなたが働けてないことはどうでもよく、
元気になってくれることを望んでいます。

会社側も採用にお金をかけた以上、あなたに長く働いて貰いたいと考えています。

その為に休職して元気を取り戻して欲しい為に休職の制度を設けています。

無理して辛いままのあなたでいる方が周りに迷惑や心配をかけています。

戻れるか心配

大前提として、あなたが健康でいられるのなら同じ会社に戻らなくても良いんです。同じ会社に戻っても辛くなると感じるのなら、時間のある休職期間に他の仕事を探すのもありだと思います。

下記の記事を参考にしてください。

もちろん復職するにも転職するにも、リワークプログラムに取り組む必要があります。

しっかり休めばまた働けるようになります。焦らず進んでいきましょう。

迷惑をかけたくないなら休職する

ここまで読んで下さりありがとうございました。

今あなたが抱えている不安は、一つ一つ取り組んでいけばきっと解消されるはずです。

適応障害になる人には責任感が強い人が多いです。責任感が強いからこそ休んだら迷惑をかけると考えてしまいがちです。

しかし無理して辛いままのあなたでいる方が周りに迷惑や心配をかけています。

まずは今まで無理し続けてきたぶん沢山休んであげてください。

しっかり休めばまた元気なあなたに戻れます。無理せずゆっくり進んでいきましょう。

第二新卒おすすめエージェント

-休職
-,