ライフスタイル

【独学で大丈夫】ケアストレスカウンセラー試験を受けてきました!

今回は、ケアストレスカウンセラー認定試験を受けるか悩んでいる方向けに、実際に合格するまでに勉強したことや学習のメリットについてお話ししていきます。

勉強を始めるか悩んでいる方は、最後まで読んでみて参考にしてみていただければ幸いです。

この記事でわかること

  • ケアストレスカウンセラーを学習する意味
  • ケアストレスカウンセラーの難易度
  • ケアストレスカウンセラーは独学法

【結論】試験勉強は独学で大丈夫!

早速結論ですがケアストレスカウンセラー試験の勉強は独学で十分身につきます。これから紹介する方法だけでも十分理解できたので試してみてください。

今ケアストレスカウンセラーに興味を持っている人は、試験を受けるかどうかに関わらず勉強してみることをオススメします!

ご自身がメンタル疾患の場合は、自分の状況を客観的に理解することができます。また周りでメンタル疾患の疑いがある人がいる場合、適切な対応の仕方を学ぶことができます。

将来的に親が認知症などになった場合などでもここで学んだ知識は活かせるはずです。

資格で役立つこと

  • 自分のこころの扱いが上手くなる
  • 家族が認知症などになった場合に活かせる
  • 適切な対応の仕方などが身につく

少しでも興味を持っている方は、一度公式テキストで勉強してみることをオススメします。

公式テキストはこちら

ケアストレスカウンセラーとは?

そもそもケアストレスカウンセラーとは何か?を改めて理解しましょう。

ケアストレスカウンセラー認定試験は、メンタル疾患の疑いのある方への対応や、メンタル疾患予防の啓発など、こころのケアができる人材の育成を目指した試験です。

株式会社CBT-Solutions

簡単に言うと様々なこころの問題に対応できる人のことです。

この資格は内閣府認可の一般財団法人職業技能振興会が認定する資格で、
沢山あるカウンセラーの資格の中でこころを大切にするということに重点を置いた資格です。

ケアストレスカウンセラーの難易度・独学法

ケアストレスカウンセラーを学ぶ際は、一般財団法人職業技能振興会監修で作成している「ケアストレスカウンセラー公式テキスト」が必要になります。

テキストを詳しく見る

このテキストをしっかり読んで臨めば、試験はバッチリです。

実際にわたしがした独学の方法は、公式テキストを2回読むだけです。

各章毎に理解度チェックのページがあるため、そこが答えられるようになれば試験は問題ないと思います。

ケアストレスカウンセラーの試験は概要は下記にまとめます。

  • 難易度は初級
  • 18歳以上ならどなたでも受験可能
  • 試験内容は公式テキストと一般常識から出題
  • 合格の基準は、正答率70%以上

独学でも一生活かせる知識が学べる

ケアストレスカウンセラーはメンタル関連の資格やカウンセラーの資格の中でも難易度は低いため、
これから本格的に勉強していく人の入門書にぴったりです。

講座などを受ける必要がなく独学ができるため、費用もかからずにすみます。

まずはケアストレスカウンセラーを勉強してみて
、基礎的な知識を身につけてから他の資格を受けることが費用面でも知識面でも効率が良いです。

試験を受けるかどうかを別にしても学んでおくべき内容だと思います。参考にしてみてください。

第二新卒おすすめエージェント

-ライフスタイル
-, ,