ライフスタイル

【マインドフルネス】朝に瞑想をするメリット。簡単なやり方を紹介!

今回は、朝に瞑想するメリットと始め方をご紹介します!朝は忙しくて長時間出来ないという人でも短時間で簡単に始められる瞑想です。

朝は眠いし、仕事に行かなきゃだし朝が嫌い!という人こそ、朝に瞑想すると大きな効果があるはずです!
3ステップをそのまま真似れば良いので、参考にしていただければ幸いです。

【結論】忙しいからこそ瞑想をやる意味がある。

そもそも朝に瞑想をしている時間なんてない!という人も多いはずです。瞑想は、時間が許すならば長く行うに越した方が良いですが、5分行うだけでも効果があります。

いつもより5分だけ早く起きて取り組んでみてください。

また朝は、「時間がない」「今日は会社に着いたらあれやって…」「今日も仕事嫌だ」など一日の中で最も同時に様々な感情を抱きがちです。頭をスッキリさせてから一日を始めることで質の良い一日が始められます。
毎日の中で一番効果がある朝だからこそ瞑想をやることをオススメします!

瞑想とは?

瞑想は、目を瞑り、呼吸を整え、姿勢を正し、今に集中することです。瞑想にも種類があります。どの瞑想でも目的は多くのことを考えるのをやめることで脳を休ませ、ありのままを受け入れるということです。

また瞑想はマインドフルネスの一つであり、マインドフルネス気遣うことにより精神的な満足に繋がります。マインドフルネスの詳しい話は他の記事で説明しているので、ご興味ある方は見てみてください。

下で紹介するのは、朝に簡単に行える瞑想です。

朝に瞑想するメリット

上でも紹介したように、朝は最も感情の整理ができていない状態です。なので瞑想をやることで効果が大きくなります。他にも朝に瞑想をするメリットは大きく以下のようなものが挙げられます。

  • 気持ちの良い一日を始めることができる
  • 小さいことで気疲れしないようになる
  • お腹に意識がいかない
  • モチベーションが得られる

朝に勉強したり、ウォーキングしてから仕事や学校に向かった日は満足感がありませんでしたか?5分でも瞑想をすることでそのお得感が得られることも朝に瞑想をする理由です。瞑想は、わざわざ教科書を開くわけでもなく、外に出るわけでもないので行いやすいです。朝はお腹が空っぽの状態で行えるため集中しやすいことも朝に瞑想をオススメする理由です。

ストレスは、考えすぎというのも一つの原因です。瞑想をすることで自分を客観的に見つめ、こんなことを考えているんだと気づくことができます。そしてそれ以上深く考えずにすむため、心が無駄に疲れてしまうことを止めてくれます。

朝の瞑想 3ステップ

3〜5分間を目安に毎朝行ってみてください。「瞑想」とYouTubeで検索すると色々出てくるので自分が心地よいと感じる音楽を流しながらやってみてください。

① 姿勢を正す(正座がオススメ)

まずは、姿勢を正します。朝の瞑想ではリッラクスしすぎて寝てしまうという不安もあるかもしれません。なのでオススメは正座です。苦しい人はあぐらでも構いません。

なるべくリラックスできる姿勢で背筋を伸ばします。

② 呼吸を整える

呼吸も様々な方法がありますが、鼻から空気をたくさん取り込んで、口からお腹の空気を全て吐き出すことを意識してください。朝の空気はとても気持ちが良いので、朝が嫌いな人が好きになるきっかけをくれるかもしれません。

はじめは、秒数を意識することは難しいと思うので、鼻から空気を吸えるだけ吸って、口からお腹の空気を全て吐き出すことだけ意識しましょう。

③ 身体とこころに集中する

頑張って思考をにする必要はありません。意識することは、姿勢と呼吸です。背筋や呼吸の際のお腹にだけ集中してください。そして徐々に目を瞑ります。

「あー電車嫌だな。」「早く帰りたい。」などいろんなことが思い浮かぶかもしれませんが、浮かんだ場合は「あ、浮かんだ。」とだけ思ってください。それ以上、深く考えずに姿勢と呼吸に意識を向けます。

まとめ

  1. 正座になり背筋を伸ばす
  2. 鼻から吸って口から吐くを繰り返す
  3. 姿勢や呼吸にだけ意識を向け、徐々に目を瞑る

毎日が良い方向に進む

瞑想は、ストレス軽減や集中力の向上など様々なメリットをもたらしてくれます。

また瞑想は、思考をストップさせ、ありのままを受け入れることができます。瞑想を行うことで、無駄な感情の起伏がなくなり、感情のコントロールができるようになります。

朝が苦手な人、毎日不安が多い人こそ朝の瞑想を試してみてください!

第二新卒おすすめエージェント

-ライフスタイル
-, ,